松岡茉優の代表作「万引き家族」に迫る!濡れ場を含む役柄や見どころを徹底解説

皆さん、松岡茉優さんをご存知でしょうか?

彼女は2024年6月7日に 「Hey! Say! JUMP」の有岡大貴さんとご結婚をされた、超実力派の女優さんです。

近年、数々の話題作にも出演され、、演技力の高さで注目を集めていらっしゃいます。その代表作が、2018年に公開された是枝裕和監督の傑作映画「万引き家族」です。

「万引き家族」は、生活のために万引きをしながらも、互いに深い絆で結ばれた一家の物語です。ある事件をきっかけに家族の秘密が明らかになっていく中で、人と人とのつながりの本質的な意味を問いかける、感動的で衝撃的な作品となっています。

本記事では、松岡茉優さんが演じた役柄の魅力や、風俗店での濡れ場・海水浴場でのきわどいシーンなど、「万引き家族」の見所を徹底的に解説していきます。

スポンサーリンク
目次

1.本記事のテーマ

  • 「松岡茉優」さんプロフィール
  • 松岡茉優さんの役柄
  • 濡れ場を含む見どころ
  • 松岡茉優の演技力

2.「松岡茉優プロフィール

プロフィール

「松岡茉優」(まつおか まゆ)プロフィール

職業:女優、タレント
生年月日:1995年2月16日
身長:158㎝
血液型:B型
出身地:東京都
出身校:日出高等学校
趣味:散歩、読書、音楽観賞、マンガ、アニメ
特技:一輪車、浴衣を早く着ること
所属事務所:ヒラタフィルム
家族:松岡日菜(妹)元女優
主な作品:
(映画)
『桐島、部活やめるってよ』
『ちはやふる』シリーズ
『勝手にふるえてろ』
『万引き家族』
『蜜蜂と遠雷』
『愛にイナズマ』
(映画)
『あまちゃん』
『コウノドリ』シリーズ
『その「おこだわり」、私にもくれよ!!』
『水族館ガール』
『おカネの切れ目が恋のはじまり』
公式サイト:
MAYU MATSUOKA official website – 松岡茉優 (matsuokamayu.jp)

スポンサーリンク

3.松岡茉優さんの役柄

https://cinema.ne.jp/article/detail/41836

松岡茉優さんが演じたのは、主人公一家の次女・亜紀役です。亜紀は、JK見学店で働く高校生で、家族の生活費を稼ぐために万引きをしています。

亜紀は、家族の中では一番年下の存在ですが、家族を支える重要な役割を担っています。生活のために犯罪に手を染めざるを得ない状況に置かれながらも、家族への愛情を持ち続けている姿が印象的です。

松岡さんは、亜紀の複雑な心情を繊細に演じ分けています。

例えば、JK見学店での接客シーンでは、表面的には冷静さを保ちつつも、内面では葛藤する亜紀の姿が見事に表現されています。また、家族との絆を感じる場面では、優しさと儚さが共存する演技で視聴者の心を掴みます。

さらに、濡れ場を含む過激な演技にも果敢に挑戦しており、演技力の高さを存分に発揮しています。松岡さんの演技は、亜紀という複雑な人物の魅力を最大限に引き出しており、作品の重要なポイントを支えています。

このように、松岡茉優さんは「万引き家族」において、家族の絆を象徴する重要な役柄を演じ切っており、作品の感動的なクライマックスにも大きく貢献しています。

スポンサーリンク

4.濡れ場を含む見どころ

「万引き家族」では、主人公の次女・亜紀役を演じる松岡茉優さんが、過激な濡れ場シーンに挑戦しています。

(1)海水浴シーン

https://www.pinterest.jp/pin/641481540675027959/

特に注目すべきは、海水浴場のシーンです。

亜紀が水着姿で海に入り、波に揺られながら上半身が露出されるシーンがあります。この場面では、松岡さんの繊細な演技と共に、カメラワークや照明の演出も相まって、亜紀の儚げな表情が印象的に描かれています。

(2)JK見学店シーン

https://eiga-pop.com/movie/340/images?page=3

また、JK見学店でのシーンでは、亜紀が客に接客する際に、胸元が大きく開いた服を着用しており、セクシーな雰囲気が漂っています。

この場面では、亜紀の複雑な心情と、彼女を取り巻く環境の厳しさが重なり合い、視聴者の心を強く揺さぶります。

これらの濡れ場シーンは、作品のテーマである「家族の絆」を象徴する重要な要素となっています。亜紀の苦悩と葛藤を通して、家族の絆の尊さや、社会的弱者への理解を深めることができるのです。

ただし、一部の視聴者からは「過激すぎる」といった指摘もありました。しかし、監督の意図を踏まえれば、これらのシーンは作品の重要な構成要素であり、松岡さんの演技力が存分に発揮されていると評価されています。

5.松岡茉優さんの演技力

https://news.yahoo.co.jp/feature/1449/

松岡茉優さんはコメディからドラマ、青春物まで、様々なジャンルの役柄を見事に演じ分けています。

特に、複雑な心情を持つ人物を演じる際の繊細さと表現力は高く評価されています。観客の心を強く揺さぶる演技力は、松岡さんの大きな魅力の一つです

また、演技以外にも、ファッションモデルとしての活躍や、自身のYouTubeチャンネルの運営など、多方面で活躍する松岡さんは、まさに実力派女優の代表格と言えます。

特に注目すべきおススメは、以下の5つの作品です!お時間があれば是非ご覧ください(^^)

1.「ちはやふる」シリーズ
松岡茉優さんは、「ちはやふる」シリーズの中で、主人公・綾瀬千早の最強のライバル、若宮詩暢役を演じています。
詩暢は、千早と同じ競技かるたの全国大会出場を目指す、非常に強い実力を持つ女子高生です。千早に対して強い敵対心を持っていますが、同時に千早への尊敬の念も抱いています。
松岡さんは、詩暢の熱い思いや葛藤を非常に魅力的に演じ分けており、視聴者から高い評価を得ました。

2.「あまちゃん」
松岡茉優さんは、主人公・三谷ユイの親友・入間しおり役を演じました。
入間しおりは、東京編に登場するアイドルグループ「GMT47」のリーダーを務める、明るく元気な女の子です。
ユイとは幼なじみで、ユイの夢を応援し、支えるといった良き理解者の役割を担っています。
特に、ユイとの絆の深さや、アイドルとしての輝きを表現する演技が高く評価されました。

3.「桐島、部活やめるってよ」
松岡茉優さんは、オムニバス作品である本作で、高校2年生の野崎沙奈役を演じています。
野崎沙奈は、クラスメイトの中でも人気の女子生徒で、主人公の親友である宏樹と付き合っていましたが、宏樹が部活をやめることを知らされず、怒りと傷つきを感じる複雑な人物を演じています。
松岡さんは、野崎沙奈の冷厳な表情や態度を、非常に印象的に演じ分けています。宏樹に対する怒りと、内面に秘めた優しさのバランスを巧みに表現しています。
視聴者からは「緻密な演技」「キャラクターの強さが感じられる」と高い評価を得ています。

4.「最高の教師最高の教師 1年後、私は生徒に■された」
松岡茉優さんは、3年D組の担任教師・九条里奈役を演じています。
里奈は、生徒たちのために全力で尽くす熱心な教師です。しかし、ある事件をきっかけに、生徒たちから疑惑の目で見られるようになってしまいます。
松岡さんは、生徒たちを想う里奈の心情を繊細に演じ分けています。
生徒たちとの信頼関係を築こうとする里奈の姿勢や、疑惑に苦しむ表情など、複雑な感情を丁寧に表現しています。
生徒たちとの絆を大切にする里奈の姿勢が印象的な作品です。

5.「愛にイナズマ」
松岡茉優さんは、この作品の主演を務めています。
演じているのは、26歳の折村花子役です。花子は、幼少期に夢を奪われ、その後も不運に見舞われ続けてきた人物ででした。しかし、偶然出会った正夫(窪田正孝)と共に、嘘と誤魔化しに満ちた家族の力を借りて、夢を取り戻そうと奮闘していきます。
松岡さんは、花子の複雑な心情を繊細に演じ分けています。
夢を奪われた悲しみや、諦めかけていた希望の芽生えなど、微妙な感情の変化を丁寧に表現しています。また、正夫との出会いによって、花子の表情や態度に変化が現れるのも印象的です。

スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!
目次