【40代・50代必見】グレイヘアへの移行 後悔しないための5つのポイントを紹介

白髪が目立ち始める40代、50代の方の中には、グレイヘアへの移行を考えている人も多いでしょう。しかし、白髪染めから自然な白髪へと移行するのは、なかなか勇気がいる決断かもしれません。

これまで染め続けてきた髪の毛が、徐々に白髪へと変わっていく様子を見るのは、ときに不安や戸惑いを感じさせるかもしれません。「だらしなく見えるのではないか」「老けて見られるのではないか」といった心配も頭をよぎると思います。

でも、安心してください、大丈夫です!

グレイヘアへの移行は、きちんと準備と工夫をすれば、素敵な仕上がりを実現できるのです。

この記事では、40代・50代の方に向けて、グレイヘアへの移行を後悔しないための5つのポイントをご紹介します。白髪を活かしたスタイリングのコツや、失敗を避けるためのアドバイスなど、グレイヘアへの移行を検討中の方は是非最後までご覧ください(^^)。

スポンサーリンク
目次

1.本記事のテーマ

  • グレイヘアへの移行を検討する前に
  • グレイヘアへの移行を成功させる5つのポイント
  • 40代・50代のための男女別人気グレイヘアスタイルランキング

2.グレイヘアへの移行を検討する前に

https://www.leon.jp/health/143778

(1)白髪の受け入れ 白髪を受け入れる心構えが大切

https://www.vogue.co.jp/article/all-about-grey-hair

白髪が目立ち始める40代、50代の方の中には、白髪を受け入れるのが難しいと感じる人もいると思います。

冒頭にも書きましたが、これまで染め続けてきた髪の毛が、徐々に白髪へと変わっていく様子を見るのは、不安や戸惑いも多いのが実際です。
内心、「だらしなく見えるのではないか」「老けて見られるのではないか」といった心配も、気になり始めると同時に、日増しに強まってきます。

ここで重要なことは、白髪を受け入れることです。それがグレイヘアへの移行を成功させるカギとなります。

自分の白髪を肯定的に捉え、「私らしさ」を大切にすることが何より重要なのです!白髪を活かしたスタイリングを楽しむことで、自信を持って新しい自分を表現できるはずです。

(2)グレイヘア移行期のまだら感などのデメリットを理解する

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUD112KP0R10C24A3000000/

グレイヘアへの移行には、いくつかのデメリットも存在します。

移行期は白髪と染め残しの髪の毛が混在し、「まだら感」が気になるかもしれません。また、白髪が増えることで、全体的に「老けて」見えてしまうこともあります。

しかし、適切なスタイリングとメイク、ファッションのコーディネートで、これらのデメリットは十分に解消できます。自分に合ったヘアスタイルを見つけ、白髪を活かすテクニックを学ぶことで、洗練された印象を演出できるのです。

(3)軽い症状のうちに対応することで悪化の防止

白髪の原因には、ストレス、栄養不足、加齢などさまざまなものがあります。

白髪が気になり始めたら、できるだけ早期に対策を立てることが大切です。軽い症状のうちに適切なケアを行わないと、白髪が増えて深刻な状態になる可能性があります。

頭皮ケアや食生活の見直しなど、根本的な対策を心がけることで、白髪の急速な進行を抑えられます。

スポンサーリンク

3.グレイヘアへの移行を成功させる5つのポイント

https://www.j-cast.com/trend/2019/10/16370215.html?p=all

(1)白髪との段差をヘアアレンジでごまかす

グレイヘアへの移行期は、白髪と染め残しの髪の毛が混在し、「まだら感」が気になる時期です。この段差を上手にカバーするためには、ヘアアレンジが大切になります。

例えば、女性の方であればポニーテールやアップスタイル、ヘアバンドなどを活用すると、白髪の目立ちを抑えられます。

また、前髪を作ったり、サイドの髪を少し長めにすることで、白髪の目立つ部分をカバーできます。ヘアアクセサリーを使うのも効果的です。

(2)まだら感を解消する白髪用トリートメントを使う

グレイヘアへの移行期は、白髪と染め残しの髪の毛が混在するため、「まだら感」が気になる場合があります。この問題を解決するには、白髪用のトリートメントを活用するのがおすすめです。

白髪用トリートメントには、白髪部分を明るく染め上げる成分が配合されています。

これを使うことで、白髪と染め残しの髪の毛の色味の差を目立たなくすることができます。また、髪の毛全体を滑らかに仕上げてくれるので、まとまりのある仕上がりになります。

(3)紫シャンプーで老け見えの原因となる黄ばみを取り除く

白髪が増えると、髪全体が黄ばんで見えてしまうことがあります。これは、白髪が加齢とともに黄ばむ性質を持っているためです。

この黄ばみが気になる場合は、紫シャンプーを使うのがおすすめです。

紫シャンプーには、黄ばみを抑える紫色の色素が含まれています。これを使うことで、髪の毛全体の黄ばみを効果的に取り除くことができます。髪が明るく、健康的な印象に仕上がります!

(4)失敗しないためのカラートリートメントの選び方

グレイヘアへの移行期には、カラートリートメントを活用するのも一つの方法です。ただし、失敗しないためには、自分の髪質や白髪の状態に合ったものを選ぶ必要があります。

◆白髪が目立つ部分には明るめのカラーを
グレイヘアへの移行期は、白髪と染め残しの髪の毛が混在しているのが特徴です。そのため、白髪が目立つ部分には、明るめのカラートリートメントを使うのがおすすめです。

例えば、前髪や生え際など、白髪が多い部分には、ライトブラウンやゴールドブラウンといった明るめのカラーを選びましょう。これにより、白髪との色味の差を目立たなくすることができます。

◆染め残しの部分には暗めのカラーを
一方で、まだ染め残しがある部分には、暗めのカラートリートメントを使うと良いでしょう。

例えば、サイドや後ろの髪など、染め残しが残っている部分には、ダークブラウンやブラックといった暗めのカラーを使うと、全体のバランスが取れた仕上がりになります。

◆髪の状態に合わせて補修成分を選ぶ
グレイヘアへの移行期は、白髪と染め残しの髪の毛が混在しているため、髪の毛の状態にばらつきが出る傾向にあります。
そのため、カラートリートメントを選ぶ際は、髪の毛の状態に合わせて、補修成分の配合にも注目しましょう。

例えば、乾燥が気になる部分には、潤い成分が配合されたものを、ダメージが気になる部分には、補修成分が配合されたものを選ぶと良いでしょう。

(5)ツンとした感じにならないよう注意

グレイヘアへの移行期は、白髪と染め残しの髪の毛が混在しているため、ツンとした感じの仕上がりになりがちです。しかし、自然な雰囲気を保つことが大切です。

ツンとした感じを避けるには、以下のようなポイントに気をつけましょう。

  • ヘアアレンジ
    白髪と染め残しの境目が目立たないよう、ゆるめのアップスタイルやサイドの髪を少し長めにするなど、ヘアアレンジを工夫する
  • カラートリートメントの使い方
    白髪部分と染め残し部分に色味を使い分ける(前述の通り)
  • 紫シャンプーの使用頻度
    白髪を目立たせないために紫シャンプーを使用するが、過剰に使うとツンとした感じになるため、適度な使用頻度を見つける。
スポンサーリンク

4. 40代・50代のための男女別人気グレイヘアスタイルランキング

(1)男性の人気グレイヘアスタイル TOP5

https://dancestudio-max.com/2020/08/15/135/
TOP
ショート×ナチュラルグレー
  • ポイント:
    ショートヘアにナチュラルなグレーを活かすことで、洗練された大人の男性らしさを演出。
  • 留意点:
    白髪の分布によってはグラデーションカラーが適切な場合もある。
TOP
ツーブロック×シルバーグレー
  • ポイント
    ツーブロックスタイルにシルバーグレーを入れることで、モダンな印象に。
  • 留意点
    白髪の量や分布によってはグラデーションカラーが適切な場合もある。
TOP
ショート×ホワイトグレー
  • ポイント
    ショートヘアにホワイトグレーを入れることで、クールな印象に。
  • 留意点
    白髪の量が多い場合は、ブリーチ処理が必要になる可能性がある。
TOP
メッシュ×グレーベージュ
  • ポイント
    メッシュにグレーベージュを入れることで、洗練された大人の男性らしさを演出。
  • 留意点
    メッシュの入れ方によっては、白髪が目立つ可能性がある。
TOP
ロング×ナチュラルグレー
  • ポイント
    ロングヘアにナチュラルなグレーを活かすことで、個性的な印象に。
  • 留意点
    白髪の分布によってはグラデーションカラーが適切な場合もある。

(2)女性の人気グレイヘアスタイル TOP5

グレイヘアについて – 福岡市東区美容室 ヘアサロン琥珀 (hairsalon-kohaku.com)
TOP
ショートボブ×グレーベージュ
  • ポイント:
    ショートボブにグレーベージュのカラーを入れることで、洗練された大人の女性らしさを演出。
  • 留意点:
    白髪の量によってはグレーの濃さを調整する必要がある。
TOP
ロングヘア×ナチュラルグレー
  • ポイント
    ロングヘアにナチュラルなグレーを活かすことで、優雅な雰囲気を演出。
  • 留意点
    白髪の分布によってはグラデーションカラーが適切な場合もある。
TOP
ミディアム×ホワイトグレー
  • ポイント
    ミディアムヘアにホワイトグレーを入れることで、クールな印象に。
  • 留意点
    白髪の量が多い場合は、ブリーチ処理が必要になる可能性がある。
TOP
ショート×シルバーグレー
  • ポイント
    ショートヘアにシルバーグレーを入れることで、モダンな雰囲気を演出。
  • 留意点
    白髪の量や分布によってはグラデーションカラーが適切な場合もある。
TOP
ボブ×ピンクベージュ
  • ポイント
    ボブヘアにピンクベージュを入れることで、柔らかな印象に。
  • 留意点
    白髪の量が多い場合は、ブリーチ処理が必要になる可能性がある。
スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!
目次