補欠選挙って何?わかりやすく制度の基本や意味、ルールを解説します!

補欠選挙と聞いて、皆さんはどのようなイメージを持ちますか?

選挙というと、国や地域の大きな変化の時に行われるものという印象が強いかもしれません。しかし、実は私たちの身近な場所で、予期せぬタイミングで補欠選挙が行われることがあります。

この記事では、選挙のたびのなんとなく耳にしている「補欠選挙」について、その基本や意味、ルールについてわかりやすく解説します。

補欠選挙がなぜ行われるのか、どのような影響を政治や社会に与えるのか、興味深いポイントを一緒に探っていきましょう。この記事を通じて、補欠選挙に対する理解を深め、政治への関心を高めるきっかけになれば幸いです。

スポンサーリンク
目次

1.本記事のテーマ

  • 補欠選挙とは?
  • 補欠選挙のルール
  • 補欠選挙の具体例

.補欠選挙とは?

補欠選挙は、議会などの公職の空席を埋めるために行われる選挙です。

この選挙は、議員の辞職や死去などで議席が空いた場合に必要とされます。日本では、公職選挙法に基づき、補欠選挙の具体的な規定が定められています。

では、なぜ補欠選挙が必要なのでしょうか?その理由と定義について、詳しく見ていきましょう。

補欠選挙の定義

補欠選挙とは、議会などの公職の空席を埋めるために行われる選挙のことです。具体的には、議員の辞職や死去などで議席が空いた場合に実施されます。

補欠選挙の必要性

議会の議員が辞職や死去で議席が空くと、その地域の代表性が失われ、議会の機能に影響を及ぼす可能性があります。補欠選挙を通じて迅速に空席を埋めることで、議会の代表性を維持し、民主主義の機能を正常に保つことができます

補欠選挙が行われる主な背景

  • 議員の辞職
    議員が個人的な理由や健康上の問題、政治的な責任を取る形で辞職する場合があります。このような状況が補欠選挙の一因となります。
  • 議員の死去
    議員が任期中に亡くなった場合、その議席は空席となり、補欠選挙によって新たな議員を選出する必要があります。
  • 議員の失職
    不祥事や法律違反などにより議員が失職した場合も、補欠選挙が行われることがあります。
スポンサーリンク

3.補欠選挙のルール

補欠選挙は、議員の辞職や死去などで議席が空いた場合に行われる選挙ですが、その実施には一定のルールや手続きがあります。ここでは、補欠選挙を行う際の基本的なルールや手続きについて解説します。

補欠選挙は、改正前の旧選挙区の境界に基づいて実施されます。これは、選挙区の見直し法が令和4年12月28日に施行された後も、補欠選挙は旧選挙区の境界を基準に行われることを意味します。

補欠選挙の手続きの流れ

補欠選挙の手続きは、一見複雑に思えるかもしれませんが、基本的な流れを理解すれば、その過程をより明確に把握できます。以下に、補欠選挙の手続きに関するポイントを簡潔にまとめました。

STEP
議席の空位が発生

議員の辞職や死去などで議席が空くと、補欠選挙の必要性が生じます。

STEP
選挙日の設定

空位が発生した後、選挙管理委員会が補欠選挙の日程を決定します。

STEP
立候補の受付

立候補を希望する者は、選挙管理委員会に立候補の届出を行います。この際、立候補者の資格確認が行われます。

STEP
選挙運動の開始

立候補が受理された後、立候補者は選挙運動を開始できます。選挙運動には、一定の規制があります。

STEP
投票日

選挙日には、有権者が投票所で投票を行います。また、事前投票や不在者投票の制度も利用できます。

STEP
開票と結果の発表

投票終了後、開票作業が行われ、補欠選挙の結果が発表されます。

投票資格や立候補条件

補欠選挙は、議会の空席を埋めるために行われる選挙です。この選挙における投票資格や立候補条件は、民主主義の基盤を形成する重要な要素です。以下に、それぞれの具体的なルールを丁寧に説明します。

投票資格について
  • 投票資格の基本
    投票資格は、選挙区に住む有権者に与えられます。ただし、選挙人名簿に登録されていることが条件です。
  • 住所変更と投票資格
    引っ越しをした場合、新しい住所地の市町村役場に転入届を提出し、選挙人名簿に登録される必要があります。転入届を提出していない場合は、投票資格を得られないことがあります。
立候補条件について
  • 立候補資格の基本
    立候補者は選挙権を有することが必須です。また、年齢や公職選挙法、政治資金規正法、電子投票記録法による資格剥奪の対象でないことが求められます。
  • 立候補に必要な手続き
    立候補をするには、選挙管理委員会に必要な書類を提出し、一定額の供託金を納付する必要があります。供託金は、一定数の得票を得られなかった場合に没収されることがあります。
  • 立候補年齢
    衆議院議員: 日本国民であり、満25歳以上であることが条件です。
    参議院議員: 日本国民であり、満30歳以上であることが条件です。
    市町村議会議員: 選挙権を有する18歳以上の日本国民であることが一般的な条件です。
    都道府県議会議員: 同じく、選挙権を有する18歳以上の日本国民であることが一般的です。
スポンサーリンク

4.補欠選挙の具体例

補欠選挙は、議員の辞職や死去などで空席となった議席を埋めるために行われる選挙です。ここでは、過去に行われた補欠選挙の具体例とその結果や影響について解説します。

補欠選挙は、政治の動向や政党の支持率に大きな影響を与えることがあります。また、投票率の低さは、有権者の政治への関心の低さや選挙への参加意欲の低下を示唆している場合があります。これらの事例から、補欠選挙が持つ政治的な意味合いや社会への影響を理解することができます。

長崎4区と徳島・高知選挙区のダブル補欠選挙

長崎4区と徳島・高知選挙区で行われたダブル補欠選挙は、政治の動向を占う上で重要な意味を持っていました。この選挙は、与党と野党の間で激しい戦いが繰り広げられ、経済政策や岸田文雄首相の政治姿勢が主な争点となりました。しかし、このダブル選挙は岸田内閣の支持率が発足以来最低点に達しました。

参院埼玉選挙区補選の最低投票率

平成3年6月16日に執行された参院埼玉選挙区補選では、補欠選挙の最低投票率17.80%を記録しました。この投票率は、補欠選挙における政治への関心の低さを示しています。

長崎3区の補欠選挙

長崎3区の衆議院補欠選挙では、立憲民主党と日本維新の会が激突しました。自由民主党が不在の中、保守票の動向が焦点となりました。

参院埼玉選挙区補選の最低投票率

平成3年6月16日に執行された参院埼玉選挙区補選では、補欠選挙の最低投票率17.80%を記録しました。この投票率は、補欠選挙における政治への関心の低さを示しています。

1999年東京2区補欠選挙

1999年の東京2区補欠選挙では、民主党議員が東京都知事選挙出馬のために辞職しました。この選挙では、前回総選挙で敗北したが比例復活を遂げた自民党の現職議員が立候補しました。

スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!
目次