津波の高さはどうやって測っているの?科学者が教える正確な測定方法

津波は、地震や火山活動などによって海底で発生する巨大な波であり、沿岸部に甚大な被害をもたらす自然災害です。

過去には、東日本大震災(2011年3月11日、14時46分、死者行方不明者2万2,318名)、阪神・淡路大震災(1995年1月17日、5時46分、死者6,434人・負傷者43,792人)など、多くの命や財産を奪い、地域社会に深刻な影響を与えてきました。

そのため、津波の予測と対策は、災害リスク管理において非常に重要な位置を占めています。

近年、津波予測技術の進展により、津波の到達予想時刻や予想される津波の高さ等を、より正確に予測することが可能になっています。これにより、津波警報の発令や避難指示のタイミングをより適切に判断できるようになりました 。

また、 地域によって津波のリスクは異なるため、地域ごとに合わせた対策が必要になります。例えば、大阪府では「河川津波」を想定した対策が進められており、堤防の耐震補強や水門の改修工事が行われています。

津波対策の最終目的は、住民の安全を確保することです。

巨大な津波の浸水深などを参考に、府県単位で出される津波予報を効果的に活用し、事前に地域の津波による危険性を把握することが重要です。津波により浸水すると予測される区域を地図上に示し、住民に周知することも有効な対策の一つです。

津波の脅威に対する理解を深め、適切な予測と対策を行うことは、私たちの生命と財産を守るために不可欠です。この記事を通じて、津波の高さの測り方について学び、さらに津波対策の重要性についても考えてみたいと思います。

スポンサーリンク
目次

1.本記事のテーマ

  • 津波の高さ計測方法とその重要性
  • 津波の高さを測る基準と測定方法
  • 津波の高さの特徴と影響

津波の高さ計測方法とその重要性

津波の高さを正確に計測することは、津波警報の発令や避難指示のタイミングを決定する上で非常に重要です。津波の高さによって、その津波がもたらす影響の大きさを予測し、適切な対応を取ることが可能になります。

津波の高さの計測方法

  • 観測技術の進化
    昔からの主な方法は、海岸部に設置された海面と連動した井戸の中に浮きを浮かべ、その上下動を観測して津波の高さを計測する方法です。しかし、この方法では、装置の高さ以上の津波が来た場合、観測ができないという問題がありました 。
  • 津波の痕跡による計測
    巨大津波の場合、建物や樹木などに残った津波の痕跡から高さを求める方法が用いられます。この方法により、東日本大震災時には、福島県と岩手県で痕跡高が15メートルを超える津波が観測されました 。

津波の高さ計測の重要性

  • 避難指示の精度向上
    正確な津波の高さの計測は、避難指示の精度を向上させることに直結します。津波の高さに応じて避難対象地域を示した津波ハザードマップの作成や公表が、住民の安全確保に不可欠です 。
  • 防災意識の向上
    津波の高さを具体的に示すことで、住民の防災意識を高めることができます。例えば、東日本大震災の際の津波の高さを示す広告が、防災意識の向上に貢献した事例があります 。

津波の高さを正確に計測し、その情報を活用することは、津波による被害を最小限に抑えるために非常に重要です。津波の脅威に備え、適切な対策を講じるためにも、津波の高さ計測方法の理解とその重要性を再認識しましょう。

スポンサーリンク

3.津波の高さを測る基準と測定方法

津波の高さを測る基準は、津波対策や防災計画の策定において極めて重要です。正確な測定基準に基づく津波の高さの情報は、適切な警報発令や避難計画の立案に不可欠です。

津波の高さの測定基準

  • 気象庁の基準
    気象庁が津波予報で発表する「津波の高さ」は、海岸付近での津波の高さを指し、検潮所などの観測施設で観測します。津波が陸地を駆け上がった高さ(遡上高)とは異なります。検潮所で観測された値を用いて津波の高さとして発表しています 。
  • 遡上高との関係
    一般的に、津波の「遡上高」は海岸付近での「津波の高さ」の2倍〜4倍に達することが多く、特殊な地形の場所ではさらに高くなることがあります。
    津波予報で予想される津波の高さが数十cmと発表されても、場所によっては1m以上の高さまで津波が到達する場合があるため、津波警報や津波注意報が発表された時は、「津波の高さ」だけでなく「遡上高」も考慮して、より高い場所への避難がもっとも重要です。

津波の高さ測定の技術

  • 波高計の使用
    津波の高さを測るためには「波高計」という専用の器械が使用されます。これは大きな港に設置されていることが多く、検潮所で海面の平均的な高さを測ることもあります。また、気象観測船にも波高計が積まれており、海上での津波の高さを測定することが可能です 。

津波の高さを測る基準を理解し、正確な情報に基づく適切な対応を取ることは、津波災害からの被害を最小限に抑えるために非常に重要です。
津波の脅威に備え、常に正確な情報を得ることの重要性を忘れずにいましょう。

スポンサーリンク

\\ おすすめの保険請求代行サービス会社① //

スポンサーリンク

【建物修理.com】

(1)意外と知らない!?「小さな被害」でも「保険」はおりるんです!
火災保険は何度使っても保険料は上がりません!
保険がおりた後で再度被害に遭われた場合でも、何度でも使うことが出来ます。

(2)火災保険だけではない!様々な自然災害の被害に適用!
台風や地震等の自然災害で屋根が破損した場合、火災保険が適用されることを知らず、自費で修繕される方が多いですが、実は火災以外の多くの自然災害での被害が火災保険で補償されています。

(3)火災保険を正しく理解し、上手に活用することで、安心・安全に暮らしていける家を保ちましょう。
例:火災、落雷、雪・ひょう、大雨・洪水等の水害、物体の飛来・落下・衝突、台風・暴風等の風災

4.津波の高さの特徴と影響

津波は、その高さや影響によって甚大な被害をもたらす可能性があります。ここでは、津波の高さの特徴と、それが及ぼす影響について具体的に解説します。

津波の高さの特徴

  • 地形による影響
    津波の高さは、海底の地形や海岸線の形状によって大きく変わります。特に、浅い海岸付近では津波の高さが急激に増加する特徴があります。
  • 津波の高さの変動
    津波は一度だけでなく、複数回にわたって襲来することがあり、第一波よりも後の波の方が高い場合があります。このため、一度津波が引いたからといって安全とは限りません。
  • 波長の長さ
    津波の波は、台風の波に比べて波長が非常に長いです。津波の波は、高いところが来てから低いところが来るまでに数分から1時間もかかるような波で、異常に高くて急激な潮の満ち引きのようなものです 。
  • 波の高さの測り方
    普通の波と津波の波の高さの測り方は異なります。普通の波の波高は波の高いところと低いところの差を指しますが、津波の高さは平均潮位面からどれだけ上昇したかを測定します。これは津波は波長が長いので、一般に波高計ではなく潮位計を用いて測定するためです。

津波の影響

津波の高さとその影響は、地形や地理的な条件によって大きく変わります。津波警報が発令された場合は、速やかに高台や安全な場所への避難を心がけ、第一波が引いた後も油断せず、当局の指示に従うことが重要です。

  • 物理的な破壊力
    津波はその巨大なエネルギーにより、建物や橋などの構造物を破壊します。また、津波によって車が流されたり、大きな船が陸上に打ち上げられることもあります。
    津波は遠くまで長距離を伝わり、速度は時速数百キロメートルにも達します。沿岸部に到達すると高さが増し、大きな破壊力を持ちます 
  • 人的被害
    津波による人的被害も甚大です。津波に巻き込まれることで行方不明になったり、溺れて命を落とす場合があります。さらに、津波による水害や土砂災害も発生しやすくなります。

\\ おすすめの保険請求代行サービス会社② //

スポンサーリンク

【おうち診断ミニクル】

(1)平均給付額は100万円以上!
ミニクルではこれまでに数多くの実績があります。
保険会社/保険内容に応じた調査方法で、正当且つ適正な保険申請をすることができます。

(2)給付額に応じた成功報酬!
ミニクルでは完全成果報酬の後払い制度を採用しており、調査手数料も業界最安水準(30%~)でご提供しております。
また、工事契約等も必要ありません。

(3)調査費用無料で即対応!
ミニクルは全国対応(沖縄県を除く)で最短即日でお伺いすることができます。
保険申請に必要な書類も、どの業者よりも早くお客様の元へお届けいたします。

(4)弁護士によるリーガルチェック!
ミニクルは、弁護士によるリーガルチェックを受けて、法令に則った業務を行っております。
また、事前に契約説明や疑問を解決して、不安を解消してからご契約頂いております。

スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!
目次