大谷翔平、菊池雄星、鈴木一朗の座右の銘と名言 夢をかなえる、困難を乗り越える言葉

私たちは、仕事や人生の中で様々な壁に直面することがあります。目標が見えなくなったり、やる気が失せてしまったりと、前に進めなくなることがいくつも現れます。

そんな時こそ、野球界の至宝と呼ばれる選手たちの言葉に耳を傾ける必要があります。

大谷翔平選手、菊池雄星選手、鈴木一朗選手は、数々の困難を乗り越えて夢を実現してきた選手たちです。

彼らの座右の銘や名言には、壁に直面した時に希望を見出すヒントが隠されているはずです。

本記事では、これらの選手たちの言葉に注目し、読者の皆さんにも夢を叶える上での指針を提供していきたいと思います。

彼らの言葉から学び、自分の夢を実現するためのヒントを見つけていただければと存じます。

スポンサーリンク
目次

1.本記事のテーマ

  • 大谷翔平の座右の銘と名言
  • 菊池雄星の座右の銘と名言
  • 鈴木一朗の座右の銘と名言

2.大谷翔平の座右の銘と名言

https://full-count.jp/2024/05/16/post1556966/

大谷翔平選手は、プレーだけでなく人柄でも多くのファンに愛されている選手です。彼の名言集には、妻への愛情、チームメイトへの感謝、そして野球への強い意欲が表れています。

(1)「先入観は可能を不可能にする」

大谷翔平選手が高校時代から大切にしている座右の銘が、「先入観は可能を不可能にする」です。
この言葉は、故モハメド・アリ氏の名言の一部を引用したものです。

この言葉の意味は、先入観や偏見によって、物事の可能性を見落としてしまうということです。
大谷選手は、高校時代から二刀流という誰もが成し遂げられないと考えられていた領域に挑戦し、その可能性を信じ続けてきました。
先入観に捉われずに、自分の可能性を信じ続けることが大切だと考えていたのです。

(2)「憧れるのをやめよう」

大谷選手が2023年のWBC決勝戦前に選手たちに語った言葉です。「憧れるのをやめよう」と述べ、相手を過小評価せず、自分の強みを持つことの大切さを説いています。

この言葉には、目標に向けて全力で取り組む姿勢が表れています。大谷選手自身も、プロ入り当初から自身の目標を見失わず、努力と諦めない気持ちを持ち続けてきました。

(3)「自分以外のことは控えめに」

大谷選手は、自身のプライドを大切にしながら、常に最高のパフォーマンスを心がけています。

この言葉には、自分の強みを信じ、それを最大限に発揮しようとする大谷選手の姿勢が表れています。プライドを持ちつつも、謙虚に自己を高めていく姿勢は、多くの人に支持されています。

(4)「トレーニングは楽しむこと」

大谷選手は、トレーニングを単なる義務ではなく、楽しむことができる活動だと考えています。

この言葉には、大谷選手のポジティブな姿勢が表れています。トレーニングを楽しむことで、より高いパフォーマンスを発揮できるのだと考えています。

スポンサーリンク

3.菊池雄星の座右の銘と名言

https://post.tv-asahi.co.jp/post-129770/

菊池雄星選手は、プロ野球界でも屈指の投手として活躍しています。彼の名言集には、挫折を乗り越える強さ、夢を追い続ける姿勢、そして投球への情熱が表れています。

(1)「Fake it till you make it」

これは、自信がなくても、あえて自信を持って行動することで、やがては本当の自信につながっていくという意味の言葉です。

この言葉は、挫折を恐れずに前に進む勇気を与えてくれます。菊池選手自身も、プロ入り当初は自信がなかったものの、この言葉を胸に日々の練習に取り組み、今では確固たる投手としての地位を築いています。

(2)「信念や座右の銘なんて毎年のように変わっていく。それは仕方ないし、それで良いと思う。完成形のない、終わりのない道なのだから」

菊池選手は、自身の信念や座右の銘が常に変化していくことを認めています。

これは、人間が成長し続けるためには、柔軟な姿勢が必要不可欠であることを示しています。完成形はなく、常に新しい目標に向かって進んでいくことが大切だと考えています。

(3)「失敗したり、ケガをしたり、勝てない時期があったり。そうした挫折を繰り返し経験し、その都度乗り越えてきたからこその結果」

この言葉は、菊池選手が自身の野球人生を振り返った際の言葉です。

挫折を経験しながらも、それを乗り越えてきた経緯が、今の菊池選手の強さにつながっていることを示しています。失敗や怪我、勝てない時期があっても、諦めずに前に進み続けることの大切さを説いています。

(4)「壊れてもいい。人生最後の日だと思って投げる」

この言葉は、菊池選手が高校時代に語った言葉です。

ここには、全力で投球することの大切さが表れています。自身を犠牲にしても、最高のパフォーマンスを発揮しようとする菊池選手の強い意志が感じられます。
この言葉は、菊池選手の投球姿勢を象徴するものとして、多くのファンに支持されています。

スポンサーリンク

4.鈴木一朗の座右の銘と名言

https://baseballking.jp/ns/column/42313

鈴木一朗選手は、プロ野球界の歴史に残る偉大な選手の一人です。彼の名言集には、努力の大切さ、夢の追求、そして謙虚な姿勢が表れています。

(1)「壁というのは、できる人にしかやってこない。超えられる可能性がある人にしかやってこない。だから、壁がある時はチャンスだと思っている。」

この言葉は、鈴木選手が自身の経験から得た教訓を表しています。

壁に直面することは、できる人にしか起こらないことです。つまり、壁は成長の機会であり、チャンスだと捉えることが大切だと説いています。

(2)「努力は裏切らない。努力は必ず報われる。」

鈴木選手の代表的な名言の一つです。

この言葉は、努力の大切さを説く鈴木選手の信念が表れています。努力を惜しまず、粘り強く取り組むことが、必ず結果につながると考えています。

(3)「夢を持ち続けることが大切。夢を持ち続けることで、必ず道は開かれる。」

鈴木選手は、夢を持ち続けることの重要性を説いています。

この言葉は、夢を持ち続けることで、必ず新しい可能性が見えてくると考えています。夢を諦めずに、粘り強く取り組み続けることが大切だと説いています。

(4)「自分の力を信じ続けること。それが一番大切。」

鈴木選手は、自分の力を信じ続けることの重要性を説いています。

この言葉は、自己肯定感を高め、夢の実現につなげるヒントを与えてくれます。自分の能力を過小評価せず、自信を持ち続けることが、成功への近道だと考えています。

スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!
目次