離婚後の苗字、変えないべき?変えるべき?メリット・デメリット徹底比較

離婚後、多くの人が直面するのが苗字をどうするかという問題です。結婚によって配偶者の苗字を選んだ人は、離婚後に元の苗字に戻るか、それとも結婚時の苗字を継続するかを選ぶことができます。

離婚日から3か月以内であれば、届出をすれば前夫の姓を称することができます。このことを婚氏続称といいます。

また、離婚届に「婚姻前の氏に復する」欄にチェックを入れることで、追加の手続きなしに名前の変更が自動的に処理されます。

この記事では、離婚後に苗字を変えるか変えないかという選択肢に焦点を当て、それぞれのメリットとデメリットを徹底的に比較します。
離婚後に苗字を変えない理由としては、旧姓に戻れなくなること、夫とのつながりを感じたいこと、または夫が嫌がる場合があることなどが挙げられます。仕事や子どもに関連する理由から苗字を変えたくない人も多くいらっしゃいます。

離婚後の苗字の選択に際して、自分の状況に合った選択をするために、専門家の意見や統計データ、実際の事例を交えながら、選択肢のメリットとデメリットを比較検討します。

離婚後の苗字に関する選択について、より良い決断を下すための一助となれば幸いです!

スポンサーリンク
目次

1.今回のテーマ

  • 離婚後に苗字を変えない選択のメリット
  • 離婚後に苗字を変えない選択のデメリット
  • 苗字を変えない選択の割合と背景

2.離婚後に苗字を変えない選択のメリット

離婚後に苗字を変えない選択は、個人のアイデンティティの保持、子どもとの関係維持、仕事や社会的関係における利点など、様々なメリットがあります。以下に詳細を記載していきます。

個人のアイデンティティを保持できる点

名前は個人のアイデンティティに大きく関わる重要な要素です。離婚後も苗字を変えないことで、自己のアイデンティティを保持し続けることができます

子どもとの関係を維持しやすい点

  • 家族の一体感
    離婚後も子どもと同じ苗字を保つことで、家族としての一体感を保ちやすくなります。また、学校や保育園での手続きが複雑になることを避けることができます。
  • 法的手続きの簡素化
    母親が離婚後に旧姓に戻ると、子どもを同じ戸籍に入れることができなくなる場合があります。しかし、苗字を変えないことで、このような法的手続きを避けることが可能です。

仕事や社会的関係における利点

仕事や社会的な関係では、名前の変更が混乱を招くことがあります。離婚後も苗字を変えないことで、仕事上や社会生活における連続性を保つことができます。

スポンサーリンク

3.離婚後に苗字を変えない選択のデメリット

離婚後に苗字を変えない選択は、過去のつながりを断ち切れない点、新たな関係における混乱や誤解の可能性、個人的な感情や心理的影響など、いくつかのデメリットがあります。以下に詳細を記載していきます。

過去のつながりを断ち切れない点

離婚後も元配偶者の苗字を名乗り続けることで、過去とのつながりを感じ続けることがあります。これは、新しい人生を歩み始める上での心理的な障壁となることがあります。

新たな関係における混乱や誤解の可能性

新たな人間関係を築く際、離婚したにも関わらず元配偶者の苗字を使用していることが、混乱や誤解を招く可能性があります。特に新しいパートナーとの関係において、説明が必要になる場合があります。

個人的な感情や心理的影響

元配偶者の苗字を名乗り続けることで、離婚による感情的な解放が完全には達成されず、新しいスタートを切る上での心理的な負担となることがあります。また、自己のアイデンティティに関する混乱を感じてしまうこともあります

スポンサーリンク

4.苗字を変えない選択の割合と背景

離婚後に苗字を変えない選択をする人の割合とその背景には、さまざまな要因が関係しています。統計データや調査結果を基に、その割合と影響を与える要因について詳しく見ていきましょう。

統計データや調査結果に基づく割合の分析

  • 結婚時の苗字選択
    日本では、結婚時に約96%のカップルが夫の苗字を選択しています。これは、離婚後に苗字を変えるかどうかの問題が主に女性に関係してくることを意味します。
  • 選択的夫婦別姓の議論
    選択的夫婦別姓制度の導入については、1991年から議論が続いており、結婚後も夫婦がそれぞれの結婚前の名字を使用できるようにする制度です。しかし、現行の民法では夫婦同姓が定められており、この制度の導入には様々な意見があります
  • 離婚後の苗字変更に関する調査
    内閣府の調査によると、離婚後に再婚していない187人が、苗字を変更することの不便さやデメリットについて懸念を表明しています。
  • 夫婦別姓制度への支持
    内閣府の調査によると、夫婦別姓制度の導入を支持する人は20.0%、回答しなかった人は43.6%となっています。これは、社会における夫婦別姓制度に対する意見が分かれていることを示しています

選択肢に影響を与える要因の考察

  • 子供との関係
    離婚後も元夫の苗字を変えない選択をする女性の理由として、子供と同じ苗字を保つためという点があります。これは、子供との絆を大切にするための選択と言えます。
  • 社会的・職業的な理由
    仕事や社会的な関係での名前の変更が面倒だからという理由も、苗字を変えない選択をする一因です。特に、職業上の実績や社会的な繋がりが名前に紐づいている場合、苗字の変更は大きな影響を及ぼす可能性があります。

スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!
目次