カフェイン量が選べるコーヒー専門店 CHOOZE COFFEE(チューズコーヒー)の魅力

CHOOZE COFFEE(チューズコーヒー)は、自分でカフェインの量を選択できる新しい形のコーヒーブランドです。

その時の気分や体調に合わせてカフェインの摂取量を調整する「カフェインコントロール」がコンセプト。

コーヒーを摂取する機会の多いサラリーマンや、愛好家の方には是非お勧めのブランドです。

 

スポンサーリンク
目次

1.本記事のテーマ

  • CHOOZE COFFEE(チューズコーヒー)とは?
  • デカフェコーヒー(カフェイン除去)の生成
  • 商品ラインナップ
  • 「CHOOZE COFFEE」日本橋店
  • 運営会社について


2.著者の経験

これまでの主な職歴は、人材サービス業とコンサル業での勤務です。

人材サービス業では14年間勤務し、約3,500名の求職者のみなさんへお仕事をご紹介してきました。また、コンサル業では7年間人事業務に携わり、新卒や中途採用、教育・研修などを行ってきました。

3.CHOOZE COFFEE(チューズコーヒー)とは?

CHOOZE COFFEEは「カフェインをコントロールする」という新しいコンセプトを元に作られたコーヒーブランドです。

一般的なカフェで提供されるデカフェ(コーヒーや紅茶、緑茶などのカフェインが含んでいる食品・飲料からそのカフェインを取り除いたもの)はあっても1〜2種類程度です。

そこでCHOOZE COFFEEでは、オリジナルののスペシャルコーヒーから、ラテやアフォガートなど全てのメニューでカフェイン量をカスタマイズして注文することができるコーヒーを開発しました。

販売している豆も、全てカフェイン量が選べるようになっています。

妊婦さんや精神安定剤など睡眠改善の薬を服用する人でも、カフェインの摂取量を気にすることなく好みのコーヒーを飲むことができます。

私もあまり寝つきが良くないタイプなので、とても気になる商品です!



スポンサーリンク

4.デカフェコーヒー(カフェイン除去)の生成

「カフェインを上手に取り入れる」という新しいコーヒーライフをコンセプトに開発を進められています。

超臨界流体技術を活用した独自のカフェイン除去プロセスは、水と炭酸ガスのみを使用し、高圧処理によってコーヒー豆からカフェインのみを選択的に取り除く、人体に安全な工法です。

2018年より、超臨界技術のパイオニアである東北大学工学研究科と連携し、カフェイン除去段階における品質低下の防止に関する研究を進めており、2022年には東北大学青葉山キャンパス内に自社研究所「CRAFT DECAF LABO」を開設しています。

当該技術を採用したデカフェ工場「CRAFT DECAF FACTORY」をコーヒー生産国(アフリカ・ルワンダ)に設置しており、日本の技術で世界最高品質のデカフェコーヒーを作っています。


スポンサーリンク

5.「CHOOZE COFFEE」商品ラインナップ

カフェインは「Regular」「Half&Half」「Decaf」の3種から選択可能です。
(将来的には「High」も提供予定です。)

レギュラー(カフェインそのまま)

コーヒーの持つ主成分であるカフェインが持つ覚醒作用で、生産性を向上させます。

  • 朝の目覚めに
  • 仕事を頑張りたいときに
  • 集中したい方に
ハーフ&ハーフ(カフェイン少なめ)

カフェインの過剰摂取を抑え、もうひと頑張りしたい時においしくカフェインを調整できます。

  • 午後のひとときに
  • 3杯目以降に
  • コーヒーをたくさん飲む方に
デカフェ(カフェインレス)

夕方以降もコーヒーを楽しみたい方やリラックスした時間を過ごすときの最適な選択です。

  • 夕方以降のご褒美に
  • 体をいたわりたい時に
  • 睡眠の質を上げたい方に



スポンサーリンク

6.「CHOOZE COFFEE」日本橋店

2022年10月17日、東京都日本橋1丁目日鉄ビル1階に、カフェイン量が選べるコーヒースタンド「CHOOZE COFFEE」をオープンしました。

提供される全てのコーヒードリンクにおいてカフェイン量を三段階で調整が可能です。

東京メトロ「日本橋駅」から徒歩1分というビジネス街の一角に店舗はあります。シンプルでモダンな店内では、オリジナルの豆の販売もしています。

「CHOOZE COFFEE 日本橋」店舗概要
住所:103-0027 東京都中央区日本橋1丁目13-1 日鉄日本橋ビル1F
営業時間:月〜金 7:00-20:00、土日祝 8:00-19:00

  • URLをコピーしました!
目次