【母の日】カーネーションの色別意味と組み合わせ人気ランキング

母の日にカーネーションを贈る習慣は、1907年にアメリカのアナ・ジャービス女史が、故母の好きだった白いカーネーションを教会の祭壇に飾ったことに始まります。

その後、日本でも明治後期から大正期にかけて広まり、1949年頃には5月の第2日曜日が母の日として定着しました。

当初は白いカーネーションが母の日の象徴とされていましたが、今日では赤いカーネーションが最も人気の贈り物となっています。また、それぞれの色には、愛情や感謝、純潔といった様々な花言葉が込められているのです。

そこで今回は、母の日にぴったりのカーネーションの色別意味と、人気ランキングをご紹介いたします。大切なお母さまへの贈り物選びの参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク
目次

1.本記事のテーマ

  • カーネーションの色別意味
  • カーネーションの人気の色合わせランキング
  • まとめ

カーネーションの色別意味

カーネーションは、母の日の定番の贈り物として親しまれています。なぜなら、この花には母への愛情や感謝の気持ちを表す、様々な花言葉が込められているからです。

そしてあまり深く知られていませんが、他の花と同様に、色によってそれぞれ異なる意味があります!母の日のプレゼントとして、ぜひ色の意味を参考にしてみてくださいね。

「赤色」
母への深い愛情を表します。母の日の定番カラーです。

「ピンク色」
母への感謝の気持ちを表します。母の日以外にも贈られることが多い人気の色です。

「白色」
母への純真な愛情や、亡き母への追悼の気持ちを表します。

「黄色」
母への尊敬の念を表します。

「オレンジ色」
母への純粋な愛を表します。

「青色」
母への永遠の幸せを願う気持ちを表します。

「紫色」
母への優雅な気持ちを表します。

スポンサーリンク

3.カーネーションの人気の色合わせランキング

母の日にカーネーションを贈るのは定番ですね。でも、単に好きな色のカーネーションを選んでいませんか? 実は、カーネーションの色合わせにはそれぞれ意味があるんです。

そこで今回は、母の日にぴったりの人気の色合わせランキングをご紹介します。色の組み合わせによって、お母さまへの想いを上手に伝えることができます。ぜひ参考にしてみてください!

1位 ピンクとホワイト

  • ピンクのカーネーションは母への感謝の気持ちを、白のカーネーションは純真な愛情を表します。
  • 優しく清楚な印象を与えるため、母の日の定番の色合わせとして人気があります。

2位 レッドとホワイト

  • 赤のカーネーションは母への深い愛情を、白のカーネーションは追悼の気持ちを表します。
  • 情熱的で上品な印象を与えるため、母への強い想いを伝えたい時に選ばれます。

3位 ピンクとオレンジ

  • ピンクのカーネーションは母への感謝の気持ち、オレンジのカーネーションは純粋な愛情を表します。
  • 明るく元気な印象を与えるため、母の日のプレゼントとして人気があります。
スポンサーリンク

4.まとめ

カーネーションは母の日の定番の贈り物ですが、単に好きな色を選ぶだけでは少し物足りないですね!色合わせにはそれぞれ意味があり、選択によって想いを上手に伝えることができます。

今回ご紹介した人気の色合わせランキングも参考いただければ、少し意味を持ってカーネーションを選ぶことができると思います。

例えば、ピンクとホワイトの組み合わせは母への感謝の気持ちと純真な愛情を表し、レッドとホワイトは深い愛情と追悼の気持ちを表します。

その他にも、イエローとホワイトは明るい雰囲気を、パープルとホワイトは高貴な印象を与えるなど、色合わせによって様々な想いを込めることができます。

母の日にカーネーションを贈る際は、ぜひ色の意味を参考にして、お母さまへの想いを込めた素敵な贈り物を選んでみてくださいね。
私も天国の母に送りたいと思います(^^)

スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!
目次