【重要】転職成功の鍵 やりがいある仕事と面接でのアプローチ方法

仕事とやりがいは、現代の労働環境において極めて重要な関連性を持つトピックです。

やりがいを感じることが、従業員と組織の両方に多くの利益をもたらすことが示されています。

今回は、とても難しテーマですが、仕事におけるやりがいの意味、その重要性、そしてやりがいが生産性に及ぼす影響に焦点を当ててまとめてみました。

目次

1.本記事のテーマ

仕事のやりがいに関する疑問
  • 仕事のやりがいとは
  • やりがいを感じる職場環境の特徴とは
  • やりがいある仕事を見つけるためのコツ
  • 面接で「仕事のやりがいについて」問われた際の効果的な回答
  • 「やりがい」と「自己PR」の違い

2.著者の経験

これまでの主な職歴は、人材サービス業とコンサル業での勤務です。

人材サービス業では14年間勤務し、約3,500名の求職者のみなさんへお仕事をご紹介してきました。また、コンサル業では7年間人事業務に携わり、新卒や中途採用、教育・研修などを行ってきました。

3.仕事のやりがいとは

(1)やりがいの定義

やりがいは、「仕事や活動を通じて、個人的な充実感や満足感を感じることを指すこと」とされています。

これは、皆さんの仕事に対する価値観や情熱に併せて、自己の達成感が満たされることによって生まれてくる感情です。

やりがいを感じると、仕事へのモチベーションが高まり、より仕事に対して前向きな努力が形として現れます。

(2)やりがいの重要性

やりがいは、個人と組織の両方に多くの利益をもたらしてくれます。

個人にとって、やりがいを持つことはストレスを軽減し、幸福感を高める要因にもなります。

また、仕事に対する情熱を維持する作用もあり、長期的なキャリアの成功に大きな影響を及ぼします。

一方、組織にとってもやりがいは重要です。やりがいを感じている社員は、生産性が飛躍的に向上し、組織の目標達成に大きく貢献する可能性が高まります。

また、やりがいを感じられる職場は、優れた従業員を引き寄せることができ、結果として良い人材の確保、リテンション率を向上させることなど付加価値が生まれます。


\\求職者支援金を上手に利用してスキルアップ//

求職者支援制度のご案内 |厚生労働省 (mhlw.go.jp)

(3)生産性への影響

やりがいを感じている社員は、仕事に対するコミットメント(自分の仕事に対する責任感)が高まります。

また、自主的に勉強を重ねるなど、さらなる自己研鑽に向け努力を重ねることができるようになります。

このような姿勢は、生産性向上に直結します。

やりがいを感じている社員は、仕事の完了度が高く、業務の効率化に向けた創造性や積極性を発揮しやすいとされています。

スポンサーリンク

4.やりがいを感じる職場環境の特徴とは何か

やりがいを感じられる職場環境は、個人によって異なる場合がありますが、一般的に以下の特徴が含まれます。

やりがいを感じる職場環境は、個人の価値観や志向に合ったものであり、一例としてこれらの特徴があるかどうかを考慮して職場を選び、キャリアを築くことが大切です。

これらの特徴が揃っている職場で働くことは、多くの人にとって充実感と満足感を生み出します。

(1)チャレンジな仕事を提供してくれる

やりがいを感じる職場は、少し高めのハードルがある仕事や、プロジェクトなどを任せてくれる職場です。

この大きな権限移譲により、社員のスキルの向上と成長の機会が生まれます。

また、併せて成果に対する適切な報酬や評価があると、相乗してやりがいを感じやすくなります。

これには給与、昇進、表彰、プロモーションなどが含まれます。

(2)自己成長のサポートをしてくれる

OJTやOFFJTなどを通じて、社員がスキルを習得し、スキルを磨く機会を提供してくれる職場です。

職場が社員の自己成長をサポートする制度が整備されています。

(3)フィードバック文化が定着している

社員に対するフィードバックが積極的に行われ、自分の仕事に関する情報を受け取りやすい環境がある職場です。

これにより、自身の弱みや強みを客観的に捉えることができます。

併せて、会社(上司)がしっかりと自分を認識してくれていると感じることから、やりがいを感じやすくなります。

上司や同僚とのオープンで効果的なコミュニケーションが土台にある場合、フィードバック文化は社員の更なる成長の機会を見出すことができます。

(4)社員間の協力とチームワークの風土がある

職場での協力とチームワークが形成されている職場です。

社員は共同作業と協力の中から、やりがいを見つけることができます。

チームで連携し結果をだすこと、そして、達成に向け準備を進めるプロセスに楽しみが生まれ、充実感をもたらします。

(5)ミッションと社員の価値観が一致している

ミッションや価値観が、社員の個人的な価値観と一致している職場です。

この場合、部署のベクトルに向け社員の意識が統一されているため、仕事に対する情熱とコミットメントが高まります。

自分の仕事が、部署(組織)の大きな目標に貢献していると実感できることが重要です。

(6)柔軟性とワークライフバランス

職場が柔軟な労働条件を提供し、社員個々のワークライフバランスを尊重できる環境が整っている職場です。

この場合、従業員はストレスが少なく、仕事へのやりがいを継続保ちやすくなります。

\\求職者支援金を上手に利用してスキルアップ//
求職者支援制度のご案内 |厚生労働省 (mhlw.go.jp)

スポンサーリンク

5.やりがいある仕事を見つけるためのコツ

やりがいある仕事を見つけるためのコツは、自己認識や研究、探索、そして計画の段階を組み合わせたアプローチです。

以下に、具体的なコツを詳しく説明します。

(1)自己認識と価値観の明確化

最初に、自分の価値観、趣味、スキル、強み、弱みを明確に把握し、自分自身をよく理解することが大切です。

何が自分を満たし、何に情熱を傾けたいかを考えましょう。

(2)興味を追求する

自分の興味や情熱に向かって進むことは、やりがいを感じるための鍵です。

趣味や関心がある分野やテーマを見つけ、それをキャリアに結びつける方法を探しましょう。

(3)スキルと経験の向上

やりがいある仕事に就くために、必要なスキルや資格を積極的に磨きましょう。

専門知識を獲得し、自己啓発を継続的に行うことが大切です。

(4)業界と職種のリサーチ

興味がある業界や職種について詳しく調査しましょう。

業界の成長性、求人市場、組織文化などを理解し、自分に適した環境を見つけるのに役立てましょう。

(5)職場文化の評価

やりがいを感じるためには、職場文化が重要になります。

企業の中長期的なミッション、価値観、労働条件が自分に合致しているかを確認しましょう。

(6)志望ポジションの設定

自分の目標ややりがいを実現できるポジションを明確に設定しましょう。

長期的なキャリア目標を持つことは、自身のキャリアアップを明確にすることです。

(7)志望企業リストの作成

やりがいを感じる可能性のある企業を、リストアップしてみましょう。

外部からの情報ではなかなか判断が難しい側面もありますが、まずは感覚と企業の中長期的な計画などから判断してみましょう。

企業のミッションと自分の価値観が一致するかを確認し、応募先を選定しましょう。

(8)面接の準備と自己のブランディング

面接で自分の価値を伝える方法を学び、自己ブランディングを強化しましょう。

面接で自分のやりがいと結びつけたストーリーを伝え、面接官に印象づけましょう。

(9)失敗を恐れずに挑戦

やりがいある仕事を見つける過程で、すべてが一度で成功するわけではありません。

失敗から学び、新しい機会に向かって挑戦する心構えを持ちましょう。

やりがいある仕事を見つけるためには、自己認識、リサーチ、計画、行動が重要です。

上記の秘訣を実践し、自分にとって意義のあるキャリアを築く手助けにしてください。

6.面接で「仕事のやりがいについて」を問われた際の効果的な回答

面接で「あなたのやりがいについて」と問われた際に、効果的な回答を答えるためには、自分の価値観や経験を具体的に伝えることが大切です。

以下のような回答例では、自己認識、チームプレイ、影響力、スキル向上、ワークライフバランスなど、企業に対してやりがいに関する多くの気持ちを伝えることができます。

簡単な具体例を記載しました。面接官に自分の価値観と経験について、魅力的に伝えることがポイントです。

(1)成果の実感

以前の仕事では、プロジェクトを成功に導くことや、困難な課題を解決することで成果を実感しました。

その過程で、自己充実感を得ることができました。

(2)チームワーク

チームで協力して大きな目標に向かうことが、やりがいを感じる要因です。

共に成長し、成功を共有することが素晴らしいと思います。

(3)影響力の拡大

仕事を通じて、社会や組織にポジティブな影響を与えることがやりがいです。

自分の努力が他人の生活やビジネスにどのように影響を与えるかを見ることができると、充実感を得ることができます。

(4)スキルの向上

毎日新しいことを学び、スキルを向上させる機会を持つことが、私にとってのやりがいの源です。

常に成長し続けることで、仕事が楽しくなります。

(5)ワークライフバランス

仕事とプライベートの良いバランスです。健康で幸せな私生活が、仕事の成果に対するモチベーションを高めると考えています。

スポンサーリンク

7.「やりがい」と「自己PR」の違い

「やりがい」と「自己PR」は、両方ともキャリアに関連する概念ですが、異なる側面を表しています。

結論としては、「やりがい」はあなたが仕事や活動から得る内的な満足感や充実感を表し、「自己PR」はあなた自身を他人に紹介し、自分の強みや成果をアピールするプロセスを指します。

両方ともキャリアにおいて重要であり、バランスを取ることが成功につながります。

やりがいを感じつつ、自己PRを通じて自分の実績を適切に伝えることで、キャリアの発展が促進されます。

(1)「やりがい (Sense of Purpose/Fulfillment)」

「やりがい」とは、仕事や活動を通じて個人的な満足感や充実感を感じることを指します。

これは、仕事が個人の価値観や情熱に、自己実現感を提供することから生まれます。

やりがいのある仕事を持つことで、仕事へのモチベーションが高まり、長期的な幸福感をもたらすことがあります。

やりがいは、自分自身が仕事にどれだけ情熱を傾け、意味を見出すかに関連しています。

(2)「自己PR (Self-Promotion/Self-Advocacy)」

自己PRは、自分自身や自分の能力、経験、成果を他人に紹介し、アピールするプロセスです。

これは、仕事の応募、昇進、プロジェクトへの参加など、キャリアのさまざまな局面で重要です。

自己PRは、自分自身を効果的に売り込むためのスキルであり、自分の強みや成果を他人に伝えるために用いられます。

これは、キャリアの成功に不可欠な要素であり、自己実現感を得る手段の一つとも言えます。

スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!
目次