プーチン大統領の人気の理由は何?国民に支持される5つの理由

ロシアのプーチン大統領は、ウクライナ侵攻の影響もあるにもかかわらず、国民の8割以上もの圧倒的な支持を得続けています。

一体、なぜプーチン大統領はロシア国民に人気なのでしょうか。

ソ連崩壊後の混乱から国を立て直し、強権的な統治スタイルで社会の安定を実現したプーチン大統領。彼の人気の背景には、様々な要因が隠されています。

今さらながら誰かに聞きにくいことですので、今回はプーチン大統領が国民に支持される「5つの理由」をまとめました!是非最後までごらんください(^^)

スポンサーリンク
目次

1.本記事のテーマ

  • 理由① ソ連崩壊後の混乱から国を立て直した英雄的リーダー
  • 理由② 反体制派の排除と言論統制で安定を実現
  • 理由③ 「ロシアの発展を妨げる西側諸国」との対立姿勢
  • 理由④ 「強い指導者」としての支持
  • 理由⑤ 経済的な安定と生活水準の向上

2.理由① ソ連崩壊後の混乱から国を立て直した英雄的リーダー

https://www.sankei.com/article/20240224-XAIOY5V5PRPENJ2R3WKF6VC76Y/

ソ連崩壊後のロシアは、全国民が大混乱に陥っていました。経済が完全に破綻し、国民生活は悲惨な状況に陥っていたのです。

そこで、大統領に就任したプーチン氏が当選後に迅速に手掛けたこと、それは「早急な経済の立て直し」に取り組んだことでした。

経済の立て直し
  • 2000年代に入り原油価格が高騰。これを好機と捉え、エネルギー産業を中心に経済の立て直しを実行。結果、ロシア経済は「繁栄の10年」を迎えることができた。
  • ソ連時代の国営企業を再建し効率化を実施した。また、一部の国営企業の民営化も進めることで、経済の活性化を促した。
  • 財政赤字の削減やインフレ抑制など、マクロ経済の安定化に取り組んだ。

また、プーチン大統領は強権的な統治スタイルで社会の安定を実現しました。

社会の安定
  • ソ連崩壊後の混乱を抑えるため、強権的な政治体制を構築し、社会の秩序を維持した。
  • メディアの統制や反対派の排除を行い、混乱に陥っていた国民に「強いリーダー」を印象付けたため。

理由の1つ目、プーチン大統領は、ソ連崩壊後の混乱から国を立て直し、経済の成長と社会の安定を実現した「英雄的なリーダー」として、ロシア国民に評価されていることです。

スポンサーリンク

3.理由② 反体制派の排除と言論統制で安定を実現

https://news.1242.com/article/346899

A.反体制派の排除による権力基盤の強化

プーチン大統領は、政敵となる反体制派の排除を徹底的に行ってきました。
代表的な例として、反体制派の指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏を刑務所に収監したり、他の政治家や富豪、ジャーナリストも次々と排除しました。
これにより、プーチン大統領は政治的な反対勢力を排除し、自身の権力基盤を強化することができました。

B.言論統制による社会の安定化

同時に、プーチン大統領は反体制派の発言を抑え込むため、メディアの統制も強めました。
反体制派がいくら抗議活動を呼びかけても、国内外の投票所に有権者が集まることはありませんでした。

C.安定と自由のジレンマ

こうしたプーチン大統領の強権的な統治は、ロシア社会に一定の安定をもたらしたものの、その代償として、民主主義や市民の自由が大きく抑えられてしまったのが現状でした。
安定を実現するためには自由を制限せざるを得ず、一方で自由を尊重すれば社会の混乱が生じるというジレンマに直面しているのが、現代ロシアの姿なのです。

理由の2つ目、プーチン大統領は反体制派の排除と言論統制によって、自身の権力基盤を強化し、社会の安定を実現してきたと評価されていますが、その一方で、ロシアの民主主義と自由を大きく制限してきたのが実情でした。

スポンサーリンク

4.理由③ 「ロシアの発展を妨げる西側諸国」との対立姿勢

https://www.youtube.com/watch?app=desktop&v=iS2rp4h7Yck

A.プーチン大統領の対立姿勢

プーチン大統領は、ロシアの発展を妨げようとする西側諸国との対立姿勢を強く示しています。特に、ウクライナ侵攻を巡る西側諸国との対立は、冷戦時代の米ソ対立に似た構図となっています。
プーチン大統領は、自国の正当性を主張し、西側諸国の批判に屈しない姿勢を示し続けています。

対立姿勢の背景には、ロシアの国力回復と国際的地位の向上を目指す思想があります。

B.ロシア国民の支持

プーチン大統領の強硬な姿勢は、ロシア国民の一部から「強い指導者」としての支持を集めています。
特に、ウクライナ侵攻に対する西側諸国の制裁に反発する国民層からは、プーチン大統領の姿勢が支持されています。
一方で、経済的な影響を受ける国民からは、対立姿勢に対する不安の声も上がっています。

西側諸国の制裁の影響は、自国の生活に直接的に及んでいることが理由です。

理由の3つ目、ウクライナ侵攻に対する西側諸国の制裁が国民生活に影響を及ぼしていることや、プーチン大統領の強権的な姿勢が「強い指導者」としての支持を集めていることが、制裁に反発する国民層からの支持につながっているといえます。

5.理由④ 「強い指導者」としての支持

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/79987
経済混乱時の救世主
  • ソ連崩壊後のロシアは、政治・経済の混乱に見舞われ、国民生活は不安定な状況が続きました。
    この混乱期を経験した国民の中には、強権的な指導者が必要だと考える思考が根強く残っています。
過去の大きな経済成長の実績
  • 行政組織の実効性を高め、大統領を頂点とする「垂直的な権力構造」を確立していること。
  • 権威主義的な統治スタイルは、国家の安定と発展のためには必要不可欠だと考える国民の支持を集めていること。
  • ソ連解体後最も安定した政治状況が生まれ、経済的にも回復が見られたため、この統治スタイルに一定の支持が集まっていること。

理由の4つ目、ソ連崩壊後の混乱期を経験した国民の中には、プーチン大統領の強権的な統治スタイルを支持する傾向があります。また、「強さ」への憧れから、ウクライナ侵攻に対する強硬姿勢を支持する国民も存在しているのが現状です。

スポンサーリンク

6.理由⑤ 経済的な安定と生活水準の向上

https://newspicks.com/news/6914243/body/

A.経済の回復と国民生活の向上

プーチン政権下では、経済成長と財政の健全化が進み、国民の生活水準が向上しました。
特に、賃金や年金の上昇、インフレ率の抑制など、国民の生活に直結する指標が改善されました。
これらの経済的な成果は、プーチン大統領の実務的な手腕と現実主義的なアプローチが評価されている要因の1つとなっています。

B.社会的不平等の是正

プーチン大統領は、長期プログラムの中で社会的不平等の是正を目標の1つに掲げています。
具体的には、低所得者層への支援策の強化や、地域間の格差解消に取り組んでいます。
これらの施策は、国民の生活水準向上に寄与し、プーチン大統領への支持につながっています。

理由の5つ目、総じて、プーチン大統領の政権下では、ソ連崩壊後の経済混乱から脱却し、国民生活の向上が実現されたことが、現在の支持基盤となっています。

スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!
目次